原付2種バイクの魅力

原付二種 任意保険

原付2種というのは、50ccを越え125cc以下の排気量の原付バイクのことです。

この原付2種は快適で需要が高いバイクです。


原付2種は、排気量が大きいため、一般公道の交通状況でも車などの流れに楽に対応ができるだけの馬力を持っており、車体の安定性もたいへん優れているバイクです。

名称に「原付」とは付きますが、50cc以下の原付1種とは全く違うバイクといえるでしょう。


馬力、安定性から来る安全度の向上だけでなく、原付1種のめんどうな交通ルールも無いので、はるかに快適な運転が可能になります。

更に、免許習得から1年経過すると2人乗りも可能になり、相乗りのツーリングもできるようになります。


これで50cc原付と同じ「ファミリーバイク特約」が使えるのですから、原付2種バイクは、安全性、快適性、経済性の三拍子そろったバイクの穴場とも言える存在だと思います。


ガソリン価格の高騰などで、4輪所有の人が原付2種バイクを購入して通勤、買い物などに利用している例も増えているようです。

バイク業界の中で125ccクラスが大きく売れ行きを伸ばしており、原付2種バイクは、通勤のサラリーマンにも気軽で快適な生活を提供するという一層生活に密着したバイクになっているようです。


原付2種は排気量でナンバーの色は二とおり

原付二種 任意保険

原付2種は、正式名称を「小型自動二輪」といい、自動車に分類されます。

原付1種は「原動機付自転車」で自転車に分類されており、原付2種は原付1種と交通表示や交通標識の対応が異なります。


また、原付1種は白いナンバープレートが交付されますが、原付2種は黄色、あるいはピンクのナンバープレートになります。

原付2種のナンバープレートが2色に分かれているのは排気量の違いによるもので、排気量が90cc以下の原付が「乙種」で黄色、90ccを越えて125ccまでの排気量の原付が「甲種」でピンクとしている地域がほとんどです。


原付2種の登録手続きは、50cc以下の1種とほぼ同様で簡単に行うことができます。

125cc以下の原付は車検が義務付けられていないため忘れがちになるでしょうが、自賠責保険にはきちんと加入しなければいけません。(※未加入、期限切れには重い罰則があり、免許停止になる懸念もあります。)

自賠責保険に未加入の状態で運転することのないように十分な注意が必要です。


原付2種は「原付免許」では運転できない


原付2種は、「原付」と付くからといって原付免許で運転できるわけではありません。


原付二種を運転するのに必要な免許は、小型限定もしくは通常の普通自動二輪免許か大型自動二輪免許になります。


言うまでもないですが、もしも原付免許しか持たずに原付2種バイクを運転すれば無免許運転になります。


原付2種は、1種にあるような二段階右折、二人乗りの禁止、30km/hの法定速度などの縛りがなく、中型バイク並みの扱いを受けるにもかかわらず、中型バイクより維持費が安いということがメリットとして言われます。

一つ残念なのは、国内で発売される原付2種の車種が少ないのが現状であり、国内メーカーにこだわらなければ海外から、日本法人や代理店を通じて購入することも可能です。



このページの先頭へ